Top >  あがり症の実態 >  緊張の仕組み

緊張の仕組み

あがり症の原因の元になっているのが

「緊張」ですよね!


『緊張』=『あがる』なので

あがり症に緊張は絶対条件なんですよ;


でも緊張って、普段生活をしていても

自然な現象ですよね。。


そこで、普段何気なく感じている

緊張の仕組みについてご説明したいと思います!!


よく発表の場で、この人メチャクチャ緊張してるなぁ。。

って目に見える人っていますよね。


でも逆に、大勢の前で緊張なんて感じさせない程

堂々&生き生きとして見える人もいますよね。。


この差ってなんなのか考えたことありますか?

もちろんこの差は【緊張する人・しない人】の差ですが、

もう少し掘り下げて考えていくと内面に差があるんです。


具体的にどんな内面の差なのかというと、、、

思考の違いなんですよ☆


緊張する場に遭遇すると、人間の性質上どうしても

【失敗しないように・緊張しちゃダメだ】

と強く心の中で思ってしまうんです。。


そう思うことはもちろん自然なことで

人間の性質的には当たり前のことなんですが^^;


でも緊張を拒否することで、

緊張はますます上昇してしまうんです。。


これが【緊張しやすい人】

俗にいう『あがり症』タイプですね;


次に【緊張しにくい人】です^^*


人前でも緊張しているように全然見えなくて

度胸あるなぁ。。と見える人の思考ですが

【失敗しても大丈夫・緊張するのは当たり前】


・・・・・・緊張しやすい人と思考が全く逆なんです!


緊張することを拒否せず、むしろ受け止めて

楽観的な思考ですよね!!

こういう思考の人ってあがり症には無縁なんです☆


緊張の対策には、

★緊張を拒否するような心は持たないコト

★多少の楽観的な思考で臨むコト


かなり大きく分けましたが、

この気持ちが緊張の予防にも繋がります!!


普段の生活の中で思考チェンジのトレーニングをしてみてください☆

そうすることで、いざ人前で!!となった時も

以前より気持ちが軽くなりますよ^^*


私も思考チェンジをすることで

職場での発表なんかも気持ちが軽くなって、

きちんと練習通りできるようになりました♪


全く緊張しないってことはないですが、

適度な緊張を保つことで、

緊張と上手く付き合えるようになりますよ^^*

【はじめての方はこちらからご覧ください】


【即効】薬に頼らず、あがり症を克服出来る方法はこちら





         

あがり症の実態

あがり症の仕組みや、あがり症には欠かせない緊張の仕組み等の
基本を掲載しています☆

関連エントリー


あがり症の始まり
あがり症の仕組み
緊張の仕組み
あがり症の『おまじない』効果




あがり症克服のためのメールセミナー あがり症克服体験者が教える【あがり症克服のための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録