Top >  あがり症の実態 >  あがり症の『おまじない』効果

あがり症の『おまじない』効果

よく緊張する場に遭遇すると、

信じたくなってしまうのが『おまじない』ですよね。


効果はどうなのか分からないけれど、

何もしないよりは気持ち的に救われると思って

信じてしまう人いますよね;


昔から知られているおまじないだと、

・手のひらに“人”という文字を書いて3回飲む

・大勢の人はカボチャ等の野菜だと思えば良い


。。。おそらくもっとあると思いますが

代表的なものとしてこの二つを挙げてみました。

きっと試したことがありますよね☆


効果のほどはいかがでしたか?


気持ちの持ち方しだいでは、

効果あった!という方もいますよね。


でもあがり症の『おまじない』の効果のほどを

先に述べてしまうと、、、、逆効果なんです;


おまじないをすることで

緊張を取り払おうとしますよね。

そうする気持ちが緊張を意識し過ぎてしまうんです。。


あがらない(緊張)しないように

おまじないをしても

逆に緊張を加速させてしまう結果になります^^;


もちろん、おまじないを否定するわけではありませんよ;

おまじないであがり症を

予防できているって方もいるかもしれませんしね!


人間の脳みその構造上から考えると、

おまじないは自分の中の不安や緊張を強調してしまい

気にし過ぎてしまうんです。


例えば、『黄色い物』を想像してみてください。

想像だと数個しか思い浮かばなかった物が

実際に周囲を見ると、想像よりもたくさんあるとおもいませんか?


もちろん急に『黄色い物』が増えたわけではありませんよね^^;

元からあった物なのに普段は気にも止めていないだけで、

気にするとアレもコレも『黄色い物』だと気にするようになるんです。


あがり症の緊張もこの例えと同じで

緊張を気にして、おまじないで気持ちを強調してしまうと

元からあった緊張の気持ちを常に気にしてしまうんです;


おまじないが悪いというわけではありませんが、

あがり症の緊張を強調してしまう例が

『おまじない』だということです。


考え方や感じ方は人それぞれです。

絶対に効果がないとは言えませんが、

参考にしてください☆

【はじめての方はこちらからご覧ください】


【即効】薬に頼らず、あがり症を克服出来る方法はこちら





         

あがり症の実態

あがり症の仕組みや、あがり症には欠かせない緊張の仕組み等の
基本を掲載しています☆

関連エントリー


あがり症の始まり
あがり症の仕組み
緊張の仕組み
あがり症の『おまじない』効果




あがり症克服のためのメールセミナー あがり症克服体験者が教える【あがり症克服のための講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録